enjoy wine,enjoy life

TOKYO WINE PARTY

素敵な人々との出会いが生まれるワイン・パーティー

真面目焼鳥 助平に挑む


ワイン会でたまにワインをサーブしているクスノキタケルです。このブログでは、店主の個性がキラリと光るお店、美味しいお料理やお酒が出るお店を飲み歩く僕の日常と非日常を淡々と綴っています。

日暮里駅の近くに『真面目焼鳥 助平』という焼き鳥のお店があると聞き、そのインパクトある店名だけで行ってみたいと思いました。
だって、真面目で助平ですよ? どうみても変態っぽいじゃないですか(笑)

っと、本当のところは無論それだけではなく、事前情報から面白そうなお店だとは思っていたのですが、実際に伺ってみると、焼き鳥はとても丁寧な火入れで想像以上の美味しさ!! しかも、安い!
特にレバーやハツに至っては、二回お代わりしてしまったほど。(ただ、焼き手や炭の状態によって少し味が変わるかも)

はんぺんチーズ焼や卵黄の醤油漬といった一品料理に関しても、二人ながら色々といただきましたが、どれも良い酒の肴になるものばかり。

ホッピーやバイスの中はキンミヤ焼酎(200円)か普通の甲類焼酎(100円)を選べるのですが、キンミヤはお店の方が注いでくれて、その量もかなり多目なのに、普通の甲類焼酎であれば店内の片隅にあるスライムの貯金箱に100円玉を入れて、甕からセルフで好きなだけグラスに注ぐスタイル。

若い男性お二人で始められたお店とのこと、バイトの女の子も含めて対応がとても丁寧で、楽しさゆえに閉店時刻の24時まで長居してしまいました。
酎ハイを何杯飲んだのか、二人でかなり飲んで食べたはずですが、お会計をしてその金額にもびっくり。

いやあ、良いお店ですねー。食べログなんて見ていたら、永遠に出会えないお店です。
もっとも、オープンしたばかりで評価が集まっていないということもあるとは思いますが……。

翌日は、船橋で大衆酒場巡り。
船橋の酒場といえば皆がその名を挙げる『一平』に、開店前から並んでみたり。
肉豆腐にモツ煮込みを別々に、名物らしいマグロのうてん刺に、揚げ物を何品か。

一平の肉豆腐も、増やま同様に醤油味が立ったキリっとした味わいだけど、煮込みはレバーが多いせいなのか赤み(というかピンク)がかっていて、烏賊の塩辛でも入っているのかと思えるような色合い。
味わいも、モツはモツでもドロっとした赤い内臓系の風味が強いクセのある煮込み。単体で食べるよりも、最初から合わせ盛りにして肉豆腐と一緒に食べた方が良い感じ。

続いて、一平から独立された『増やま』へ移動。
土曜日の15時半では満席だろうなと並ぶことを覚悟したものの、この日はタイミング良く、端っこの席がちょうど二名分空いていました。

増やまは日曜日も営業していることもあって何度か伺っていますが、個人的には一平よりもこちらの方が落ち着くかも。
何と言っても、金宮モヒートがあるのは大きい!

揚げ物の衣はその日もかなり固めでカリカリ。でも、油っぽくなくカラっと揚がっていて、揚げ物好きには嬉しいのです。かき揚げもサクサク。紅生姜も良いけど、金宮モヒートにはコーンかな。

隣のお客さんが食べているのを見て気になって頼んだカニグラタンは、ちょっと普通すぎましたが……(汗)

TOKYO WINE PARTYは
ワインを楽しみながら、参加者同士の交流も楽しもうという会です。
楽しむことが目的ですので、ワインに詳しい必要はありません。

事前知識なしで気軽にご参加ください。
初めての方が一人で参加しても楽しめるフレンドリーな会です。

皆さまのご参加を主催者一同お待ちしています。

メールマガジン登録(登録無料)

ワイン・パーティー、ワイン・イベント、ワイン会の情報をいち早くお届けします

  • LINE@に登録する友だち追加