7月23日(火)ニュージーランドワインの会@渋谷ディベルタ

7月23日(火)にニュージーランドワインの会を渋谷のディベルタにて開催します。幻のワイン、プロヴィダンスのほか、国際的に評価の高いニュージーランドのソーヴィニョンブランやピノ・ノワールを中心に美味しいワインを楽しみたいと思います。
 
また、目玉ワインとして、「ニュージーランドのル・パン」と世界中に絶賛される入手困難な幻のワインといわれるプロヴィダンスをご用意します。元巨人の桑田投手が惚れ込んで、ニュージーランドまで収穫を手伝いに行ったというワインです。
http://www.mikuniwine.co.jp/magazine/2013/05/159.html
 
また、LVMH(ルイ・ヴィトングループ)が保有するクラウディベイで、25年間チーフ・ワイン・メーカーを務めたケヴィン・ジュッドが独立して立ち上げたグレイワッキ(パーカーポイント90点をはじめ数々のワインガイド誌で5つ星などの最高評価)をはじめ、クオリティの高いニュージーランドワインを厳選してご用意します。幻のワイン、プロヴィダンスに加え、キリッと冷えたソーヴィニョンブラン、さわやかな果実味のピノ・ノワールを楽しみましょう。
 
ヴィアッジオのワイン会はワインを楽しみながら、参加者同士の交流も楽しもうという会です。楽しむことが目的ですので、ワインに詳しい必要はありません。事前知識なしで、気軽にご参加ください。初めての方が一人で参加しても楽しめるフレンドリーな会です。素敵なワイン仲間を増やしましょう。
 
前回のスペインワインの会の写真と報告をこちらのページにてご覧いただけます。
 
【日時】
7月23日(火)20:00~22:00 (19:30開場)
 
【場所】
渋谷 ディベルタ
http://diverta-shibuya.jp/
天井の高い広々とした空間。晴れれば外で飲むこともできます。もちろんお料理もおいしいです。
渋谷といっても恵比寿に近いほうの落ち着いた雰囲気のエリアです。
 

 
東京都渋谷区渋谷3-26-25 湯沢ビル1F
03-5468-0055
渋谷駅「新南口」より徒歩約30秒
 
【内容】
半立食のパーティー形式のワイン会です。
 
ワイン:
■目玉ワイン
・プロヴィダンス フォー・アポッスルズ 2008
⇒神に導かれた奇跡のワイン。ネットで買っても15000円、レストランで飲めば30000円はするワインです。量は限られますが、全員が飲めるようご用意します。

■スパークリングワイン
・トイトイ スパークリング ソーヴィニョン・ブラン
⇒ニュージーランドらしい、ソーヴィニョン・ブラン100%のさわやかなスパークリングワインです。夏にぴったりです。
・ビンバジェン・スパークリング・セミヨン ハンターバレー
⇒お隣オーストラリアのワインです。セミヨンから造られるスパークリングです。

■白ワイン
・グレイワッキ ソーヴィニョン・ブラン
⇒ニュージーランドを代表するワイン生産者、クラウディ・ベイで25年間生産トップを務めたケヴィン・ジュッドが造るソーヴィニョン・ブランです。
・デルタ・ヴィンヤード ソーヴィニョン・ブラン 2012
⇒パーカーポイント88点。インターナショナル・ワイン・チャレンジ金賞など、非常に評価の高いワインです。
・ミルトン・ヴィンヤーズ ヴィオニエ リヴァポイント・ヴィンヤード 2010
⇒ニュージーランドで初めてBioGro認証を受けたオーガニックのパイオニア。自然派ワインです。
・アストロラーベ マールボロ・シャルドネ 2009
⇒ニュージーランドのトップクラスの醸造家の一人、サイモン・ワグホーンが造る「ニュージーランド産シャルドネの最高峰」

■赤ワイン
・デルタ・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2012
⇒パーカーポイント87点(2010)。シルクのように滑らかな質感を持つ極上のピノ・ノワール。
・ミルトン・ヴィンヤーズ ラ・コート ピノ・ノワール 2011
⇒華やかな果実味とダークチェリーや土の香りをもった味わい深いワイン。
・サイフリード オールド・コーチ・ロード マルベック・メルロー・カベルネ 2009
⇒家族経営としてはニュージーランド最大級のワイナリー。Sustainable Winegrowing New Zealand認証。環境に優しいぶどう作りをしています。
 
お食事:
ディベルタによるワインに合うお料理
 
【会費】7000円
 
【人数】約80名~100名
 
【お申し込み】
こちらのページからお申し込みください。
 
会費は当日会場にてお支払いください。
お申し込みが定員になり次第締め切ります。
キャンセルの場合は必ず早めに主催者にご連絡ください。
 
主催:
ワインショップ・ヴィアッジオ
戸田 輝
http://www.wine-viaggio.jp/


TOP