ゴールデンウィーク明けたら、まじめにブログを書きます。

ワイン会主催の戸田です。
 
今年のゴールデンウィークは妻と娘(戸田理花)と一緒に、妻の実家の高松に帰ってきています。
 
うちの妻はアルコールが飲めないので、私も家ではほとんどお酒を飲みません(もちろんワインも)。さらに、妻の両親もアルコールが飲めないので、高松まで来てもやはりワインを開ける機会はほとんどないのです。
 
そんな中、昨日は母の日のお祝いということで、妻の両親と僕たち家族3人の合わせて5人で、高松の港にある「ミケイラ」というイタリアンに行ってきました。
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000061/
この食べログの地図を見ていただければわかりますが、ウォーターフロントというか、もう港の桟橋の上にあるかのような、「店の右も左も海」みたいな、本当に良い立地の、しかも全面ガラス張りのとてもおしゃれなレストランです。お料理もワインもとてもおいしかったです。
 
ここではグラスでワインが飲めるので、1杯目にカヴァ、2杯目にインツォリア(イタリアのシチリアの品種です)を飲みました。本当は食前にスパークリング、前菜に白、そしてメインで奮発したステーキに赤ワイン(グラスでキアンティがあったので)を合わせたかったのですが、理花にご飯を食べさせていたらワインが進まず、白ワインを注文したタイミングでステーキが運ばれてきてしまい、赤ワインは断念したのでした。(ちなみに、この泡→白→赤の順番でワインを飲みたがるのは、資格を取ったときに勉強したセオリーに影響され過ぎているだけで、本当は本人の気分でいきなり赤を飲んだり、最後に泡で終わったりしてもよいと思います)
 
理花も最初はおとなしく食事していたのですが、まだ1歳になったばかりなので、そのうち退屈してきたようで、後半は私が抱っこして外に連れて行ったり、おんぶして店の中を回ったりで、ワインを静かに飲むようなおしゃれなディナーにはなりませんでした。
 

 
でも、最後のデザートで母(義母)へのメッセージつきのプレートが出てきて、喜んでもらえたのでよかったです。
 
妻が自分の仕事の結婚相談所でブログをまめに更新しているので、僕もゴールデンウィーク明けたらもう少しこのブログもまめに更新しようと思っています。
 
あと、2月に設立した「日本ノムリエ協会」のホームページももうすぐ完成予定です。
 
 


TOP