【なるほど!ワイン入門編】5.なぜワインのラベルは「エチケット」というの?

220e4b10cd7f5d6048d3b36a897c2467_s
 
ワインボトルについているラベルは「エチケット」と呼ばれています。
 
この「エチケット」には、ワインの名称や産地、生産された年などが記載されていますよね。
「エチケット」とはフランス語ですが、なぜ「エチケット」と呼ばれているのかご存知ですか?
  
「エチケット」とはもともとは、中身がなんであるかという表示を記載した「荷札」という意味です。
それと、宮廷へ招待された者が宮廷内でどのように行動したらよいか指示が記載された札を指す言葉であったり、礼儀作法としての意味でも使われるようになったそうです。
  
ちなみに、こんな説もあるとか。
 
その昔ワインの輸送の際、係員が箱に貼られているこの「荷札」の通りに正しく中身を入れているかどうか、この「荷札」でチェックされていました。
これで係員がちゃんと仕事をしているかどうか判断されていたのです。
ここから「エチケット」=「マナー」の意味にもなった、ということです。
  
「エチケット」の読み方については、こちらのブログでご紹介していますのでぜひ参考になさってくださいね。
  
 
執筆:ワイン会運営マネージャー 小宮沢奈代
 
ワイン会・イベント情報
ブログバックナンバー
———————————————————————————-
 
今後のワイン会・ワインスクールなどのイベント案内を希望される方はこちらのページよりメールアドレスをご登録ください。
 
独身ワイン会の案内を希望される方はこちらのページからどうぞ。
 
初めての方へ
ワイン会の楽しみ方
ワイン会の雰囲気【開催レポート】
ワイン会参加者の声
独身ワイン会参加者の方のプロフィール
よくある質問


TOP